三井不動産ホテルマネジメントは、「キッザニア」を運営するKCJ GROUP(東京都千代田区)とタイアップし、「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」(東京都江東区)で、「キッザニア15th アニバーサリーコラボレーションルーム」を販売している。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き始めた今、家族での“リベンジレジャー”を楽しめるプランとして訴求する。

 この企画は、キッザニアの日本上陸15周年を記念した取り組みの一環として実施。同ホテルは「キッザニア東京」が出店している商業施設「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に直結しており、コラボレーションルームでは、キッザニアのキャラクターのデコレーションを施した他、オリジナルグッズを用意し、キッザニアを楽しんだ後でも、その世界観を感じられる空間を演出したという。

 客室特典として、エコバッグ、15周年ノート(B5サイズ)、缶バッジなどを用意した他、室内には、手持ちの吹き出しパネルやぬいぐるみなどの撮影グッズを設置した。

 あわせて、同ホテルでは「キッザニア東京」の入場券付き宿泊プランを販売。「キッザニア東京」の利用時間もチェックイン当日の第1部(午前9時〜午後3時)、第2部(午後4〜9時)、チェックイン翌日の第1部と第2部の4つから選べるようにした。

 予約期間は2022年3月28日までで、宿泊期間は同31日まで。プラン料金は1室3人で2万6820円。ホテル公式Webサイトより予約を受け付けている。