年賀状印刷に携わるフタバ(愛知県名古屋市)は、年末年始の帰省事情に関する調査を行った。その結果、53.1%が「帰省する」と回答。帰省先の「ワクチン接種の有無」が大きな判断基準になっていることが分かった。

●帰省予定者は2020年より増加傾向

 年末年始の帰省について、20年に最も多かったのは「帰省しなかった」で35.2%。次いで「帰省先はない」が29.2%、「帰省した」が21.8%だった。

 21年については、「帰省する」(31.6%)と「多分帰省する、帰省する予定」(21.5%)を合わせて53.1%が「帰省する」と回答。「帰省しない」(27.1%)、「多分帰省しない、帰省しない予定」(19.8%)の計46.9%を上回った。

●帰省の判断基準は「ワクチン接種」

 帰省をする53.1%の人に帰省理由を聞いたところ、1位は「帰省する側のワクチン接種が終了したから」(59.6%)、2位は「帰省先のワクチン接種が終了したから」(50.5%)、3位は「コロナ禍だが、同じ県内に実家があるから」(27.7%)だった。

 帰省を考えている人は、帰省する側はもちろん、帰省先の「ワクチン接種の有無」が大きな判断基準になっているようだ。

●帰省しない理由は「家族の健康が心配」「長距離、長時間の移動」

 一方、帰省をしない側の理由1位は、「コロナ禍なので、帰省先の家族や高齢者の健康が心配、迷惑をかけたくない」(38.0%)。2位は「コロナ禍なので、長距離、長時間の移動は不安」(31.3%)だった。

 ワクチン接種が進む中でも、家族に高齢者がいる人、長距離や長時間の移動にリスクを感じ帰省を控える人も多いという。

 調査は11月2〜4日、全国20〜50代の男女500人を対象にインターネット上で実施した。