伊藤忠グループのリサーチ会社・マイボイスコム(東京都千代田区)は、今回で5回目となる「肩こり・腰痛薬」に関する調査を実施。その結果、「肩こりまたは腰痛を感じる人」は8割弱で、そのうち肩こりを感じる人は7割強、腰痛を感じる人は6割強、肩こりと腰痛の両方を感じる人は4割弱であることが分かった。

 まず「こり・痛みを感じる部分」を聞いたところ、「肩の周辺」(51.9%)、「首の付け根あたり」(45.1%)、「腰」(44.8%)と答えた人が多かった。

 なお「何らかのこりや痛みを感じる」という回答は女性の比率が高く、「肩の周辺」は女性10〜50代で各60%台となっていた。また、「首の付け根あたり」は女性40〜50代、「頭」は女性10〜40代で高くなっていた。

 次に「肩こり・腰痛の経験」について聞いたところ、肩こりまたは腰痛を感じる人は79.0%。内訳は、「慢性的に、肩こりまたは腰痛がある」が33.9%、「ときどき、肩こりまたは腰痛を感じる」が45.1%だった。「慢性的に、肩こりまたは腰痛がある」は、女性30〜50代で各40%強見られた。

 「肩こりの状況」について尋ねたところ、肩こりを感じる人は「肩こりと腰痛の両方感じる」(36.0%)、「肩こりを感じる」(38.1%)を合わせると74.1%にのぼった。肩こりを感じると回答したのは女性の比率が高く、女性10〜50代では各80%台となっていた。一方男性では、10〜30代で高い傾向が見られた。

 「腰痛の状況」については、腰痛を感じる人は「肩こりと腰痛の両方感じる」(36.0%)、「腰痛を感じる」(25.0%)を合わせると61.0%だった。腰痛を感じるという回答は、男性や女性高年代層で高い傾向が見られた。

 「肩や腰のこり・痛みの対処としてよく利用するもの」を聞いたところ、「市販の医薬品」(38.6%)、「入浴剤」(16.1%)、「鍼灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティック、整体など」(13.2%)と回答した人が多かった。

 なお肩こりと腰痛を両方感じる人では「鍼灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティック、整体など」、腰痛を感じる人では「コルセット、骨盤ベルト、サポーターなど」という回答がやや多かった。

 「肩や腰のこり・痛みへの対処として利用する医薬品」について尋ねたところ、こり・痛みの対処として市販の医薬品を利用する人は50%強いることが分かった。利用するタイプは「湿布薬」(34.9%)、「塗り薬」(24.4%)、テープ剤(ブラスター剤)(11.8%)が多く、「塗り薬」は、若年層では低い傾向が見られた。

 「肩こり・腰痛の対処として利用する医薬品選定時の重視点」を聞いたところ、「効能・効果」(68.7%)、「価格」(29.5%)、「飲みやすさ・使いやすさ」(25.5%)という回答が多く、過去の調査と比較すると「価格」は減少傾向が見られた。

 最後に自由回答で「肩こり・腰痛の対処として行っていること・効果があること」を尋ねたところ、「凝っているところのマッサージをしたり、痛みのあるところは湿布を貼って様子を見ている。あまりに続くようなら病院に行き診察してもらう」(男性25歳)、「お風呂を長めにする。湯船に肩までつかるのではなく、胸辺りまでの高さでぬるま湯にすると心なしか、肩こりが改善するように思う」(男性36歳)、「ストレッチ、筋肉をつけると良いと聞いたので筋トレ」(女性31歳)といったコメントが寄せられた。

 当調査は11月1〜11月5日にインターネット上で実施。1万46件の回答をもとに集計を行った。