日本国内の企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWork(東京都渋谷区)は、映画配給会社売上ランキングを発表した。1位は「KADOKAWA」(2099億円)、2位は「東宝」(1919億円)、3位は「ウォルト・ディズニー・ジャパン」(1054億円)だった。

 1位のKADOKAWAは「角川書店」で知られる会社で、映画の配給だけでなく、書籍出版を主として展開している。主な配給作品は『春の惑い』『夕映えの道』『ほたるの星』など。『天気の子』や『君の名は。』など、新海誠監督が手掛ける作品の制作会社としても知られている。

 2位の東宝は映画の製作・配給ともに手掛ける映画業界の一大企業。主な配給作品は『名探偵コナン』シリーズ、新海誠監督の『天気の子』『君の名は。』など。2020年10月に上映が開始された『鬼滅の刃 無限列車編』(興行収入約391億円)も配給している。

 3位のウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニーランドやディズニーシーなどのテーマパーク運営、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ映画の配給などを行うディズニーの日本法人。キャラクターグッズの販売やテレビ番組の制作、チャンネル運営なども手掛けている。主な配給作品には『ナイル殺人事件』『あの夏のルカ』『ブラック・ウィドウ』などがある。

 4位以降には「松竹」(524億円)、5位「アスミック・エース」(164億円)、6位「マイシアターD.D.」(100億円)、7位「東宝東和」(96億円)、8位「WOWOWプラス」(57億円)が続く。

 売上ランキングを見ていくと、売上高が高い企業ほど、出版やエンタメなどの映画配給以外の事業に携わっていることが分かる。映画館での上映ではなくデジタル配給事業を中心に展開している「マイシアターD.D.」や「WOWOWプラス」などの企業がランクインしていることにも注目したい。