マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、自社が運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で『イケメンおじさん俳優人気ランキング』を発表した。その結果、1位は反町隆史さん、2位は木村拓哉さん、3位はディーン・フジオカさんとなった。

●『相棒』シリーズで最多出演の反町隆史さん

 同社は独自調査を基に、タレントの「認知度」(顔と名前を知っている)と「誘引率」(見たい・聴きたい・知りたい)を掛け合わせた「パワースコア」からランキングを作成した。

 ランキング1位は1973年生まれで、多くのドラマ・映画に出演している反町隆史さん(パワースコア61.4)だった。

 『ビーチボーイズ』や『GTO』で知名度を大きく上昇させ、その後も、『ワンダフルライフ』や『グッドライフ』といったドラマ作品のほか、映画『君を忘れない』や『男たちの大和/YAMATO』に出演している。人気刑事ドラマ『相棒』シリーズでは、season14〜20で俳優・水谷豊さん演じる警部の「杉下右京」の相棒役を演じ、同シリーズ内での歴代最多出演本数を更新した。

●『HERO』など出演ドラマが社会現象に 木村拓哉さん

 ランキングの2位は72年生まれ、アイドルグループ『SMAP』の一員として活躍したジャニーズ事務所所属の木村拓哉さん(同53.5)だった。

 木村さんはジャニーズの代表的アイドルとして歌番組やバラエティ番組に出演する傍ら、俳優としても実績を残している。特にドラマ『ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』、『HERO』といった作品は大ヒットを記録し、社会現象を巻き起こした。

●台湾から“逆輸入”のディーン・フジオカさん

 ランキングの3位は80年生まれのディーン・フジオカさん(同53.5)だった。中国・香港でモデルをしていたが、2006年には台湾・台北に活動拠点を移し、ドラマ・映画に出演している。

 11年から日本でも活動を始め、NHK連続テレビ小説『あさが来た』(15年)で明治の実業家・五代友厚を演じたことでブレイクを果たした。17年には映画『結婚』で主演を果たし、その後もドラマ『今からあなたを脅迫します』(17年)や映画『海を駆ける』(18年)といった作品で主演を務めた。

 俳優業と並行して音楽活動も行っており、アルバムリリースや全国ツアーといった活動をしている。

●4位以降のランキングは?

 4位以降の顔ぶれは「竹野内豊」(52.3)、「伊藤英明」(52.2)、「玉木宏」(51.7)、「玉山鉄二」(51.3)、「岡田准一」(50.7)、「松岡昌宏(TOKIO)」(48.4)、10位は「EXILE AKIRA」(47.0)という結果だった。

 40歳以上60歳未満(2022年4月時点)を「おじさん」とし、世間が男前なイメージを持つイケメンおじさん俳優を人気順に選出した。