大東建託(東京都港区)は、居住満足度調査を実施した。その結果を「いい部屋ネット街の住みここちランキング2022<埼玉県版>」「いい部屋ネット住みたい街ランキング2022<埼玉県版>」として集計したところ、住みここちランキング(自治体)の1位は「さいたま市浦和区」、2位は「さいたま市中央区」、3位は「さいたま市大宮区」となった。

 当ランキングでは2つの近接駅を統合した場合、駅名の後にA(area)を付記している(本川越Aは川越市・本川越、南越谷Aは新越谷・南越谷)。

●住みここち(自治体)ランキング

 「住みここち(自治体)ランキング」の1位は、4年連続で「さいたま市浦和区」だった。「さいたま市浦和区」は埼玉県庁や裁判所などの行政機関が集積している行政の中心地で、区内では浦和・北浦和・与野のJR線3駅が利用できる。

 2位はさいたま市の中西部に位置する「さいたま市中央区」が、4年連続でランクイン。続く3位はさいたま市の中央部に位置する「さいたま市大宮区」が、2年連続でランクインした。

●住みここち(駅)ランキング

 「住みここち(駅)ランキング」の1位は、昨年も1位だった「浦和」(JR京浜東北線)だった。同駅は「住みここち(自治体)ランキング」で4年連続1位を獲得している「さいたま市浦和区」に位置し、駅の周辺には大型商業施設や飲食店も多い。

 2位はJR京浜東北・根岸線、JR高崎線、JR東北本線の3路線が利用できる「さいたま新都心」(JR京浜東北線)、3位は小江戸と呼ばれる蔵造りの街並みで有名な「本川越A」(西武新宿線)という結果になった。

●住みたい街(自治体)ランキング

 「住みたい街(自治体)ランキング」の1位は昨年2位、「住みここち(自治体)ランキング」では1位だった「さいたま市浦和区」が獲得した。

 2位には昨年1位、「住みここち(自治体)ランキング」では3位の「さいたま市大宮区」がランクイン。3位は2年連続で「武蔵野市」だった。

●住みたい街(駅)ランキング

 「住みたい街(駅)ランキング」の1位は、昨年2位の「浦和」(JR京浜東北線)が獲得。同駅は特に「生活利便性」の要素において、高い評価を受けていた。

 2位は昨年1位だった「大宮」(JR京浜東北線)、3位は昨年4位だった「横浜」(JR東海度本線)がランクインした。

 当調査は埼玉県に居住する、成人男女3万5595人(19年調査4737人、20年調査8237人、21年調査1万1819人、22年調査1万802人の合計)を対象に実施。「住みここちランキング」は19〜22年の回答を、「住みたい街ランキング」は22年の回答を元に集計した。