ハンバーガー店の競争激化により、倒産が増えているという。4月24日に、東京商工リサーチが報じた。2021年度におけるハンバーガー店の倒産(負債1000万円以上)は6件で、前年度の1件から急増。

 同社は 「コロナ禍のなかでハンバーガー店は、テークアウトやデリバリーが好調だが、大手チェーン店から中小企業までハンバーガー店の出店が加速し、厳しい競争が始まっている」「コロナ禍が生んだブームの陰で、好調と不調の2極化が進む」「22年度はハンバーガー店の淘汰が加速する可能性が出てきた」としている。

 例えば、東京郊外の吉祥寺では、22年4月30日に、プルドポーク(ほぐした豚肉)を売りにした名店「ファッツ・ザ・サンフランシスカン」が閉店してしまった。

 同店は駅の北口側にあったが、南口側でも20年12月には、フレッシュネスによる大人のハンバーガー店を目指した意欲作「クラウンハウス」が5年間の営業を終えて閉店している。

 吉祥寺には20店近くのハンバーガー店があるといわれる。大手の「マクドナルド」「モスバーガー」はもちろん、「フレッシュネスバーガー」「ウェンディーズ・ファーストキッチン」のような中堅チェーン、「ザ・サード・バーガー」のような自然派の次世代型・小チェーンが存在する。さらに、個性派のグルメバーガーでは昭和の懐かしいアーケードゲームを楽しめるようにした「ハイスコア バーガーケード」、オーダーメイドのホワイトバンズが特徴の「ウェイキー ウェイキー」などもあって、バラエティ豊かな店がしのぎを削っている。

 まさにハンバーガー店が、厳しい競争に日々さらされている。

 全国の店舗における開店・閉店情報を収集したサイト「開店閉店ドットコム」によれば、今年1月1日〜5月14日の4カ月半で、開店したハンバーガー店は78店、閉店したのは24店だった。昨年1年間では、開店183店、閉店53店。

 現状は、開店が閉店を3倍以上とかなり上回っていて、ハンバーガーブームは続いているようだ。しかし、コロナ禍で好不調が分かれてきている現実がある。

●好調な大手の業績

 ハンバーガー業態のコロナ禍での好調ぶりは、マクドナルドの日本マクドナルドホールディングス(HD)と、モスバーガーのモスフードサービスの決算(連結)に如実に表れている。

 日本マクドナルドHDの20年12月期における売上高は2883億円(前年同期比2.3%増)、営業利益は313億円(同11.7%増)で、増収増益。21年12月期に至っては、売上高3177億円(同10.2%増)、営業利益345億円(同10.3%増)と、売上高も営業利益も2桁増だった。

 また、モスフードサービスの21年3月期の売上高は720億円(前年同期比4.3%増)、営業利益14億円(同34.1%増)で、増収増益。22年3月期では、売上高784億円(同9.0%増)、営業利益35億円(同144.2%増)となった。

 大手2社は、特に利益面で見ると絶好調だ。

 両社が強いのは、郊外、それもロードサイド店だ。公共交通の電車やバスに比べて、新型コロナウイルスの感染リスクが低いとされるマイカーでお店に行って、ドライブスルーやテークアウトで商品をピックアップするケースが増えた。

 デリバリーにも強く、家でテレビや映画を見ながら、ハンバーガーを食べる人が多い。ハンバーガーは、動画を見たりゲームをしたりしながらの食事に向いている。

 マクドナルドもモスバーガーも、もともと店内飲食よりもテークアウトの比率が高かった。政府、地方自治体が感染リスクを抑えるために、店内飲食よりもテークアウトを推奨。すると、テークアウト向きの店ということで、コロナ禍で外食全般が大苦戦しているにもかかわらず、売り上げが増えた。

 同じテークアウトに強いという理由で、「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」の日本KFCホールディングスも業績を伸ばしている。KFCでは「チキンフィレサンド」「和風チキンカツサンド」というチキンバーガーのメニューを持っている。

 同社の21年3月期における売上高は897億円(前年同期比12.6%増)、営業利益は64億円(同32.8%増)であり、2桁の増収増益と絶好調だった。22年3月期決算でも、売上高975億円(同8.8%増)、営業利益は61億円(同3.9%減)と微減ながら経常利益は69億円(同26.2%増)と大幅に増えた。増収増益の基調は変わらない。

 この状況を見て、時短や休業に迫られた外食業者が、コロナ禍ならばビーフやチキンのハンバーガーが狙い目と考えるのは当たり前ではないだろうか。

●新規参入が相次ぎ競争激化

 そのため、コロナ禍に入ってから、ハンバーガー業態への新規参入が相次いでいる。

 「焼肉ライク」がヒット中のダイニングイノベーションは、20年11月に「ブルースターバーガー」を東京・中目黒にオープン。今は東京と神戸に4店まで増えている。

 また、同社はチキンバーガーの「ドゥーワップ」1号店を21年7月、東京・代官山に出店している。

 コロナ禍で、大きな影響を受けた居酒屋業界からも、鳥貴族がチキンバーガーに参入。21年8月、東京・大井町に「トリキバーガー」1号店をオープン。22年3月には都内の渋谷に2号店を出店した。

 また、「ロイヤルホスト」「天丼 てんや」を展開するロイヤルホールディングスは、チキンバーガーを主力とするバターミルク フライドチキン専門店「ラッキー ロッキー チキン」1号店を21年5月、東京・武蔵小山にオープン。都内4店、神奈川県1店にまで増えた。

 「築地銀だこ」のホットランドは、群馬県桐生市の人気店「ジューザバーガー」を経営するエヌシー(群馬県桐生市)と業務提携。20年12月、東京・東銀座に「ジューザバーガー」の東京1号店をオープン。21年11月には東京・国分寺にも新店ができた。

 このように、平時はもちろん、コロナ禍にあっても安定した売り上げを確保したい外食企業の事情が、ハンバーガーの競争激化につながっている。

●激戦区の吉祥寺

 吉祥寺のハンバーガー店事情をもう少し詳しく見てみよう。

 もともと、コロナ前から吉祥寺のハンバーガー店は飽和気味だった。電車やバスを使って観光やショッピングに来る人によって、店の経営が成り立っている側面があった。郊外の吉祥寺の繁華街は都心部に比べればコロナの影響は薄かったものの、JR、京王井の頭線の1日当たりの乗降客数は合わせて、コロナ前の19年度には40万人を超えていた。しかし、20、21年度には30万人程度にまで落ち込んだ。つまり、4分の3になっていた。来街者数も当然、落ち込んでおり、ハンバーガー店を含む飲食店の売り上げに悪影響を与えている。

 前出の22年4月に閉店したファッツ・ザ・サンフランシスカンは、11年に東京・高円寺で創業。米国人オーナーによる本格的なハンバーガーが食べられる店として人気を博し、18年に吉祥寺の井の頭通り沿いにある南欧風のおしゃれ感ある商業ビルに移転してきた。移転前はカウンターだけの狭い店だったが、席数も30席ほどにまで拡張されて勢いを感じさせた。

 米国南部発祥のBBQ料理、プルドポークのハンバーガーは、同店でこそ出せる本場の味とハンバーガー通からの評価も高かった。閉店が惜しまれる。

 同店から歩いて1分以内には、ハンバーガーに定評がある「ヴィレッジヴァンガードダイナー」という強い競合店がある。

 それだけでなく、新しい環境の変化もあった。今年2月、南口に隣駅の西荻窪からハイスコア バーガーケードが移転してきた。レトロなアーケードゲームで遊べる斬新なハンバーガー店として、特にランチタイムは人気になっている。

 また、やはり同店のすぐ近くに、「バーガー喫茶 ちるとこ」が5月1日にオープンしている。東京・蔵前の人気ハンバーガー店の2号店で、クラフトコーラを売るなどドリンクも変わっている。

 北口のアーケード商店街、サンロードの北端にはモスバーガーがあるが、その隣にチキンバーガーを提供するラッキー ロッキー チキンが21年10月にオープン。

 さらに、目と鼻の先の五日市街道沿いに、ワタミが展開する韓国チキン「bb.qオリーブチキンカフェ」が21年11月にオープンした。同店でも、チキンバーガーが売りの1つとなっている。

 このように、コロナ禍以降に吉祥寺には、新勢力のハンバーガー店がどんどん増えているのだ。

●コラボして復活する動きも

 一度閉店した店が、別の店とコラボして復活する動きもある。「燻製バーガー」でバーガーマニアを唸(うな)らせた「ジャストミート」は、惜しまれながら18年に5年間の営業を終了した。ところが21年6月、肉バルの「吉祥寺バルル」にて復活。ファンに喜ばれていた。現在は提供を中止しているが、折を見て復活する予定があるそうだ。

 20年末に、フレッシュネスが経営するクラフトビールやモヒートでハンバーガーを楽しむ、ワンクラス上の大人のバーガーショップクラウンハウスが閉店していた。同店は店内でゆっくり飲食するタイプの店で、テークアウトやデリバリーに強いとはいえなかった。

 しかしその後、昭和レトロ、チキンバーガーと従来とは異なった切り口のハンバーガー店がオープンして新規顧客を開拓。そうした中で、弾き出される従来店も出てきた状況だ。

 21年5月にオープンした「ベックスバーガー」は、グルメバーガーのファストフードをうたって、新境地を開こうとしていたが、現在改装に入っている。6月中旬にリニューアルオープンする予定だ。

●渋谷でも激戦

 同様な競争激化の状況は、各地に広がっている。東京・渋谷では、井の頭通りから「パルコ」に抜ける小道沿いに、宮迫博之氏の焼肉店「牛宮城」の運営を業務委託されているガネーシャ(富山市)の「ショーグンバーガー」が21年10月にオープン。

 ところが、すぐ近くの井の頭通り沿いに、ブルースターバーガーが22年1月にオープンした。

 さらに、22年3月にはトリキバーガーの2号店もオープンしており、ハンバーガーの新鋭が激突する最前線になっている。

 道玄坂には、チキンバーガーのドゥーワップ2号店も21年10月にオープンしていたが、弾き出されて22年5月に閉店してしまった。トリキバーガーともろに競合していただけでなく、ショーグンバーガーでもチキンバーガーを売っているのだ。

●淘汰の兆候は別のエリアでも

 隣駅の原宿でも、ジューザバーガーの東京2号店が、21年4月にオープンしたものの、集客できずに短期間で既に閉店している。

 東京・秋葉原では観光客、特にインバウンドが激減した影響で、和牛バーガーを提供していた「ヘンリーズバーガー」が20年6月、「ユーロカフェ」が21年9月に、共に閉店している。

 東京・立川では、駅北口のメインストリートに21年12月、ブルースターバーガーがオープンして行列をつくっていた。しかし、人気が落ちたのか、去る5月16日より当面休業していたが、5月31日で閉店が決まった。同日、神戸元町店も閉店する。

 外食に手慣れた企業が手掛けた話題店でも、軌道に乗らずに苦戦するケースも目立ってきた。

 このように、都内の繁華街におけるハンバーガーの競合が激しくなる一方、郊外のロードサイドは相変わらずマクドナルドとモスバーガー、KFCの牙城で、3社にとって楽な展開になっている。

 しかし、グルメバーガーでこのゾーンと駅前の間にある、住宅地に切り込もうというチェーンも出現している。

 兵庫県西宮市に本店がある「淡路島バーガー」がそれだ。07年より、神戸のなゆたという会社が経営している。FC(フランチャイズ)で店舗を増やしており、開店閉店ドットコムを閲覧すると、コロナ禍に入った20年3月以降、11店が新たにオープンしている。

 淡路島バーガーは淡路島産の「完熟たまねぎ」を使用。ビーフ100%のパティで、レタス、トマトなどの素材も国産にこだわる。駅前立地の店は少なく、住宅街に入った立地の店が多い。席数20席以下の小型店で、少人数で回して、テークアウトやデリバリーを狙っていく独特な戦略をとる。

 ハンバーガー店の競争は確かに激化しているが、都市部の主要駅の駅前に限られている。郊外の住宅地やロードサイドでは、まだ競争が緩くて、業態次第では売り上げを伸ばせる余地を大いに残している。

※2022年5月25日午後6時20分、一部表記を修正しました

(長浜淳之介)