●仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

 東京工科大学(東京都八王子市)は2022年度の新入生を対象に、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査を実施。その結果、最も利用率が高いSNSは「LINE」で、「Instagram」の利用率が7年連続で増加していることが明らかになった。

 まず「現在利用しているSNS」について聞いたところ、最も利用率が高いのは「LINE」(99.5%)だった。続く2位は「Twitter」(84.5%)、3位は「Instagram」(75.3%)という結果になった。

 「Instagram」は前年比5.4ポイント増と利用率が大幅に増えており、調査開始以来7年連続の増加となった。性別ごとに見ると、女子では「Twitter」との差を広げ、初めて利用率が9割超(90.8%)となった。

 女子では前年比9.5ポイント増の48.5%となった「TikTok」(36.8%)は、3年連続で利用率が増加。また男子で前年比8.0ポイント増の53.5%となった「Discord」(40.9%)にも、増加傾向が見られた。

 次に「普段、家族や友人との連絡に使っているもの」について尋ねたところ、最も多いのは「LINEのメッセージ」(99.2%)だった。以降「InstagramのDM」(46.0%)、「TwitterのDM」(28.5%)と続いた。

 なお「LINEのメッセージ」は7年連続で95%以上と安定した利用率を誇っていたが、「TwitterのDM」「キャリアメール」「ショートメール」などは横ばいや微減傾向だった。

●YouTubeに圧倒的な支持

 「現在利用している動画配信サービス」を聞くと、「YouTube」(98.9%)が7年連続で1位を獲得した。2位は前年比4.6ポイント増の「Amazonプライム・ビデオ」(39.7%)で、3年連続で利用者が増加していた。3位は「AbemaTV」(26.7%)だが、前年比8ポイント減と利用者は減少傾向にあった。

 5位の「Netflix」(前年比4.2ポイント増の21.6%)と6位の「TVer」(前年比4.3ポイント増の20.2%)については、利用者数に増加傾向が見られた。

 「普段利用している電子マネー」について質問すると、「Suica/PASMOなどの交通系」(81.2%)が圧倒的に多かった。以降は「PayPay」(30.1%)、「d払い」と「LINE Pay」(共に6.0%)と続いた。

 調査は東京工科大学が22年度の新入生を対象に、4月にオンラインアンケートで実施。1358人(男女比 約6:4、回答率73.7%)から回答を得た。調査は14年から実施しており、今回で9回目。