アクサ損害保険(以下、アクサダイレクト)が、0〜12歳の子どもを乗せて月に2回以上運転するドライバーを対象に、「子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。69.6%が子どもと一緒のドライブ中にヒヤリとした経験があると答え、37.7%が車内熱中症のリスクを感じる場面に遭遇したと答えた。

 子どもと一緒にドライブする場合、「より丁寧で安全な運転を心掛けている」と答えた人は28.4%、「できるだけ丁寧で安全な運転を心掛けている」は55.6%と、全体の84.0%が、おおむね丁寧で安全な運転を心掛けていると回答。また、別の質問では、77.4%が「日ごろから安全運転ができている」と答えた。日常的に安全運転ができているドライバーは、子どもと一緒のドライブでは、より丁寧で安全な運転を心掛けていることが明らかになった。

 子どもと一緒のドライブ中にヒヤリとした経験がある人は69.6%だった。内訳は「泣いたり、ぐずったりして、わき見運転をした」が最も多く25.7%、次いで「学校やおけいこごとなどの用事に遅れそうになるなど、急いで運転した」(24.3%)、「いたずらやわがままを注意し、イライラして運転に集中できなかった」(22.6%)など、子育て世帯ならではのヒヤリが発生していることが分かった。

●ヒヤリとした後に取った対策は?

 実際にヒヤリとした経験を持つと回答した696人に、ヒヤリとした後に取った対策を尋ねた。その結果、「時間の余裕を持つように心掛けている」が最も多く、42.8%。次いで「出発前には親も子もトイレに必ず行くようにしている」(33.0%)、「運転中は、何事があっても運転に集中できるように一層心掛けている」(24.1%)と続いた。

 全国的に気温の上がる6〜9月の夏場は、車内熱中症もリスクの一つとなる。気温が高い日のドライブでは車内熱中症のリスクが高いことを知っているか聞いたところ、79.1%が知っていると回答。また、リスクを感じた場面として「車内で暑がった」(20.6%)、「体の不調を訴えた」(7.0%)などが上位に。子どもの訴えや様子から車内熱中症のリスクを感じとっていることが分かった。

 一方「5分ほど車内で待たせた」(9.2%)、「自分でロックをかけて車内に閉じ込められてしまった」(5.4%)など、子育て世帯ならではのリスクも発生しており、注意喚起の重要性が浮き彫りになった。

 最後に、ドライブ中にかけるアニメソングがあると回答した173人に、お気に入りの一曲を尋ねた。その結果、LiSAの 『紅蓮華』やAimerの『残響散歌』など、「鬼滅の刃」に関する曲と回答した人が41人と最も多く、次いでドリーミングの『アンパンマンのマーチ』など「それいけ!アンパンマン」に関する曲と回答した人が28人、『ぼく ドラえもん』など「ドラえもん」に関する曲と回答した人が10人と続いた。

 調査は4月19〜20日にインターネット上で実施。家庭で車を所有し1カ月に2回以上0〜12歳の子どもを乗せて運転する20〜40代のドライバー1000人を対象とした。