就職支援会社のジンジブ(大阪市)が、4月1日に新成人となった高卒新社会人(18〜20歳)を対象に、新成人になってからの変化やボーナス事情に関するアンケートを実施した。その結果、新成人の夏のボーナスの使い道1位は「預貯金」となった。

 新成人になって変化したことは、44.0%が「なにも変化はない」と答えた。一方、半数以上が行動や関心において何かしらの変化があったとし、最も多い回答は「クレジットカードを作成した」(22.0%)だった。次いで「保険の加入」(19.6%)、「スマホの契約」(19.0%)などがあげられた。

 勤めている会社にボーナス制度があるか質問したところ、「ある」が66.9%だった。また、制度があると回答した人に、今夏のボーナス支給について質問したところ、31.8%が「ある」と答えた。一方で、約2割にあたる19.6%は「ない」とし、約半数が「分からない」(48.6%)と回答した。

●ボーナスや給料は何のために使う?

 ボーナスや給与は何のために使いたいかとの質問では「自分のために使いたい」(60.7%)と回答した人が最も多かった。次いで、「周りと過ごすために使いたい」(19.6%)、「生活のために使いたい」(13.1%)と続いた。

 夏のボーナスは何に使う予定か尋ねたところ、「預貯金」(57.0%)が最も多い結果に。続いて「趣味・娯楽」(38.3%)、衣服や家電、日用品などの「買い物」(22.4%)となった。

 調査は5月16〜20日、6月6〜10日に、高校新卒社員研修「ルーキーズクラブ」に参加した高校新卒新成人(18〜20歳)を対象に実施。有効回答数は前半が168人、後半が160人。