アマゾンは8月5日(米国現地)、ロボット掃除機「ルンバ」の米アイロボットを買収することで同社と合意した。買収額は、全額現金で1株61ドル、総額17億ドルに上る。

 アイロボット(IRBT)は米NASDAQ市場に株式公開しており、発表前日の終値49.99ドルから59.45ドルまで約20%上昇した。アイロボットのCEOには、共同創業者であるコリン・アングル氏がそのままとどまる。

 「アマゾンは、人々が家庭でより多くのことを行えるようにするための思慮深いイノベーションを構築するという当社の情熱を共有している」と、アングル氏はアマゾンを評す。家庭のあらゆるデバイスをインターネットでつなげる、アマゾンの未来戦略がまた具現化していくだろう。

 同日に、アイロボットは第2四半期となる2022年4-6月期決算を発表した。売上高は2.6億ドル(前年同期比30%減)、営業損失は6400万ドル(前年同期は300万ドルの損失)で3四半期連続の赤字となった。

 アマゾンは7月にサブスクでオンライン医療サービスを展開するワン・メディカル(ONEM)を34.9億ドルで買収する発表をしたばかりだ。

 7月28日(米国現地)には、2022年4-6月期決算を発表し、売上高は1212億3400万ドル(前年同期比7.2%増)、営業利益は33億1700万ドル(同57.0%減)、最終損益は20億2800万ドルの赤字(前年同期は77億7800万ドルの黒字)だった。