●仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

 コーヒー情報WEBメディア「コーヒー豆研究所」を運営するオークス(山形県中山町)は、月に1回以上コーヒーを飲む15〜99歳の男女1300人を対象に、コーヒーに関する調査を実施した。最も好きなコーヒーを聞いたところ、1位はスターバックスの「ハウスブレンド」(31.83%)だった。

 2位は珈琲きゃろっとの「お試しセット」(30.2%)、3位はAGF「煎 レギュラーコーヒー深いコク」(16.82%)、4位はキーコーヒーの「モカブレンド ライブパック」(10.5%)、5位は無印良品の「オーガニックコーヒー オリジナルブレンド」(10.43%)だった。スターバックス、珈琲きゃろっと共に3割が1番好きと答え、人気の高さがうかがえる結果となった。

 男女別で人気商品を見ると、スターバックスの「ハウスブレンド」は女性が1位、男性は2位、「珈琲きゃろっと」は男性が1位、女性は2位となり、男女でTOP2が入れ替わる結果に。3位はどちらも同じAGFの「煎 レギュラーコーヒー深いコク」だった。また女性では、全体6位の「マイルドカルディ」が5位にランクイン。男性ではキーコーヒーの「モカブレンド ライブパック」が4位にランクインした。

●年代別に人気のコーヒーは?

 年代別では、30〜60代以上では、スターバックスの「ハウスブレンド」と、珈琲きゃろっとの「お試しセット」がそれぞれ1〜2位という結果になった。珈琲きゃろっとの「お試しセット」が10〜30代に人気が高い一方、スターバックスの「ハウスブレンド」は40〜60代前後に比較的人気が高い傾向が見られた。また10代のみ、タカムラコーヒーの「ブラジル パイ エー フィーリオ」、20代では現在人気のある「ポストコーヒー」が2位にそれぞれランクインした。

●年収が高い層に人気のコーヒーは?

 世帯年収別では、100万〜500万円未満の各年収層で、スターバックスの「ハウスブレンド」が1位を獲得した。一方で、500万〜1000万円では珈琲きゃろっとが1位を獲得、高年収になるほど珈琲きゃろっとの人気が目立った。

 コロナ禍により外出自粛、巣ごもり需要により家庭用コーヒーの売り上げは伸長した。一方、エネルギー価格高騰で輸入にかかる燃油高、さらにブラジルの霜害などの産地の悪天候による生産量の低下が追い打ちをかけ、今年はコーヒー製品の値上げが次々発表されている。コーヒー嗜好者の消費行動への影響が注視される。

 今回の調査は、月に1回以上コーヒーを飲む15〜99歳の全国の男女を対象に、7月20日〜8月1日にインターネットで行った。有効回答数は1313人。