海外旅行予約アプリ「NEWT(ニュート)」を提供する令和トラべル(東京都渋谷区)は、8月と9月限定の韓国ソウルツアーを発売する。韓国政府が8月の1カ月間限定で日本人観光客のビザなしでの渡航を認めたことを踏まえた施策。韓国エンタメや美容、グルメなどに関心の高い日本人の需要を狙う。

 韓国政府は日本国籍の人を対象に、8月の韓国入国に限り、観光ビザの取得を不要とした。ビザなしで韓国に渡航できるのは、およそ2年5カ月ぶりとなる。観光ビザは不要ではあるものの、K-ETA(電子渡航許可)の取得など、コロナ禍前とは違った手続きが必要となる。そこで同社は「NEWT」で、日本語によるオンラインでのサポートを提供するという。

 ツアーは、3つ星ホテルに1万9800円(大人1人、燃油サーチャージ込み、諸税別)で2泊3日宿泊ができるものや、日系ホテルの「ホテルグレイスリーソウル」に2泊3日で2万9800円から宿泊できるツアーを用意した。

 アートやカルチャーが楽しめる「L7江南 by LOTTE」に、2泊3日で3万6800円で宿泊できるツアーも用意している。期間は8月19日〜9月26日で、9月以降は観光ビザが必要となる。

 韓国は6月に観光ビザの発給を再開し、在外公館に申請が殺到する事態が発生していた。今回のビザなし渡航解禁によって、令和トラべルはどこまで売り上げを伸ばせるか。