メルカリは8月8日、2022年6月期の連結決算を発表した。売上高は1470億円(前年比39%増)、営業損益は37億円の赤字(同52億円の黒字)、最終損失は75億円の赤字(同57億円の黒字)だった。18年に株式上場をして以来、初の黒字決算だった前期から再びの逆戻りだ。

 なお6月7日には、これまでの東証マザーズを引き継いだグロース市場から、東証プライム市場に移行した。

 メルカリは国内最大のフリーマーケット「メルカリ」、米国での「メルカリUS」、スマホ決済の「メルペイ」という3つの柱で事業を行っている。国内の「メルカリ」は順調な取引額の伸びだが、「メルカリUS」の宣伝費がかさんだのと取引額の伸び悩みが足を引っ張った。「メルペイ」は、ようやく収益基盤が確立できた状況だ。

 「メルカリ」のクレジットカード不正利用、「メルペイ」のフィッシングによる悪影響で11億円の費用がかさんだ。

 創業者かつCEOの山田進太郎氏は、18年に株式上場した当初から「中長期成長」という軸で事業展開してきた。今回の通期決算説明資料でも、22年6月期決算の総括より先に「中長期の方針」を掲げている。

 新しい事業のEコマースプラットフォーム「メルカリShops」を手がける「ソウゾウ」や、仮想通貨・ブロックチェーン関連サービスの企画・開発をする「メルコイン」などの種まきから、新しい芽吹きが出てくるだろう。