とんかつ専門店「かつや」を展開しているかつや(東京都千代田区)は、8月17日より期間限定メニュー「海老カツと鶏カツの合い盛り」を期間限定で販売する。食べやすさと、満足度を兼ね備えた合い盛りシリーズの新作とした。

 同メニューは、タルタルソースを添えた海老カツと、特製ソースで仕上げた鶏カツを合い盛りにした一品。鶏カツは柔らかい鶏むね肉を口に運びやすいサイズにカットした。残暑が厳しいこの時期にも食べやすく仕立てているという。

 今回のメニューは丼だけでなく、定食でも用意している。テークアウトも販売するという。価格は、店内メニューで「海老カツと鶏カツの合い盛り丼」を759円、「海老カツと鶏カツの合い盛り定食」を869円に設定した。

●夏休みの食事のニーズを狙う

 親会社であるアークランドサービスホールディングスの広報に、このタイミングで販売した理由を聞いた。

 「海老カツと鶏カツという、子どもから大人まで幅広い世代に好まれるメニューで、夏休みの食事を楽しみながらお腹いっぱいに食べてもらいたいと、このタイミングでの販売に至りました」

 また、同社は8月10〜16日の7日間限定で、人気メニュー4品を、通常価格から150円引きする「夏だ!カツだ!!キャンペーン」を開催中だ。このキャンペーンで来店しているお客や、日ごろからかつやを利用しているお客が、会計時に渡している100円割引券の使い道として、選択肢を広げることを狙っているという。

 また、サラダやおろしポン酢に温泉たまごといった自分好みに定食が楽しめるサイドメニューに、ピリ辛タレをまとう「全力たまご」を8月17日より提供する。丼や定食へのちょい足しの他、食前のビールと一緒に楽しめるようにした。

 同社は幅広い世代に向けたメニューの提供により新規顧客の獲得を目指すだけでなく、割引券を使用する際の選択肢を増やすことで、リピート顧客の獲得を目指す。