日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、グッド・ラックが運営するホームルーター.comと共同で「カフェのWi-Fiに関するアンケート」を実施した。その結果、30代以下の約2割がカフェのWi-Fiを必ず利用することが分かった

カフェにあるWi-Fiを利用するか

 50代では17.6%、40代は15.6%、60代は12.6%がカフェのWi-Fiを必ず利用すると回答した。

どのような用途でカフェにあるWi-Fiを利用しているか

 次いでカフェにあるWi-Fiを「必ず利用する」「時々利用する」と回答した人に対し、どのような用途で利用しているか聞いた。最も多かったのは「ネットサーフィン」(49.6%)で、以降は「SNS」(42.0%)、「メール」(41.4%)、「動画視聴」(30.8%)と続いた。

カフェにあるWi-Fiを利用するにあたり、不安なことはあるか

 カフェにあるWi-Fiを利用するにあたり、不安なことはあるかと質問すると、「ない」(53.0%)、「ある」(47.0%)という結果になった。

 「ある」と回答した人からは「セキュリティが脆弱な回線の恐れがある。店のWi-Fiになりすました偽Wi-Fiに接続する恐れがある」(30代・男性)、「座る位置によって他人からのぞかれないか、公共のWi-Fiなので第三者から見られないか」(20代・男性)、「個人情報が保護されるのか心配に思うことがある」(40代・男性)といった意見が寄せられた。

今後Wi-Fiが利用できるようになってほしい場所はあるか

 最後に「今後Wi-Fiが利用できるようになってほしい場所はあるか」と尋ねたところ、「ある」(57.5%)、「ない」(42.5%)という結果になった。

 「ある」と回答した人に具体的な場所とその理由を聞くと、「公共施設(役場など)。待ち時間が長くなるような場所だとスマホしかやることがないため、データ通信量が気になってしまうから」(20代・男性)、「電車内。移動時間の暇つぶしでSNSや動画を見たりしたが、通信料が気になるので」(30代・女性)といったコメントがあった。

 当調査は6月27〜29日の間、インターネットを使って実施。調査対象者は全国の男女、有効回答数は1000人(30代以下、40代、50代、60代、70代以上、各200人)。