学情(東京都千代田区)は、2024年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、「動画での情報収集」についてアンケート調査を行った。インターンシップに応募する前後で動画を見たら志望度が上がるかを聞いたところ、「上がる」と答えた学生は73.7%に上ることが分かった。

 内訳は、「上がる」が35.5%、「どちらかといえば上がる」が38.2%だった。「どちらとも言えない」は24.9%、「どちらかといえば下がる」が0.9%、「下がる」は0.5%と、下がると答えた学生は数パーセント程度だった。

 理由を尋ねたところ、「企業の雰囲気や、仕事の内容をイメージしやすい」「テキスト情報よりも、企業のリアルを知れると思う」「事業や仕事への理解が深まることで、インターンシップで質問したいことや経験したいことも具体的になる」「事前に得られる情報が多いほうが、インターンシップに参加する目的も明確になる」などの声が聞かれた。動画を通して企業理解を深めると同時に、事前に情報を得ることでインターンシップをより有意義なものにしたいという意向がうかがえる結果となった。

●動画で企業への関心が高まったことはある?

 動画を見て企業への関心が高まったことがあるかについては、「ある」が33.7%、「どちらかといえばある」が32.0%と合わせて65.7%があると回答。

 理由には「動画のテイストから企業の雰囲気が伝わってくるので、どんな人を採用したいかイメージしやすい」「動画のクオリティが高いと、企業が採用に力をいれていることが伝わってくる」などの声が寄せられ、動画の内容だけでなくテイストやクオリティーも含めて動画を見ていることが分かった。

●動画で見たいものは?

 動画で見たいものは何か聞いた。最も多かったのは「仕事内容の紹介」で73.0%、次いで「1日の流れ紹介」が59.5%、「事業内容の紹介」が47.3%、「第三者から、社員や採用担当者へのインタビュー」が38.0%、「インターンシップコンテンツの紹介」が36.0%だった。動画を通し、実際に働く姿をイメージしたいという意向があるようだ。

 また、企業理解を深めるために参考にしたいものについて尋ねた。1位は「先輩社員の話」が70.3%と、2位の「人事担当者の話」(55.5%)を14.8ポイント上回った。身近なロールモデルである先輩社員の話が一番参考になると考える学生が多いようだ。

 現在就職活動をするZ世代はデジタルネイティブで、企業の広告やWebサイトなどにある直接的なメッセージよりも、動画やSNSの口コミなどからの情報収集を好む傾向があると言われている。今後、ますます採用における動画活用の重要性は高まりそうだ。

 今回の調査は、スカウト型就職サイト「あさがくナビ2024」のサイト来訪者である24年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、インターネットで行った。期間は22年6月20〜7月25日、有効回答数は566人。