デジタル広告事業やユーチューバー支援を手掛けるアナライズログ(東京都港区)は、8月8〜14日に公開された芸能人によるYouTube動画の再生数を独自調査し、TOP10をランキング形式で発表した。その結果、フィギュアスケーターの羽生結弦氏が7日に開設したチャンネル「HANYU YUZURU」の動画が2位と5位にそれぞれランクインした。

 ランキングの1位は、「エガちゃんねる」の焼肉大食い動画で、238万再生だった。この動画は大食いYouTuberの海老原まよい氏とコラボした、厚切り牛タンの取り寄せで知られる「伊達のくら」(運営:バンズダイニング)の案件動画だ。

 2位は「HANYU YUZURU」による初のライブ配信で、236万再生を獲得した。実際にスケートリンクでアップ練習をしたり、名プログラム「SEIMEI」を披露したりする姿を配信し、世界中のファンからコメントが寄せられた。

 3位は「ティモンディチャンネル」。お笑いコンビティモンディの高岸宏行氏のプロ野球入団後の初登板試合を生配信し、195万再生を得た。

 4位は元ハロプロ所属の藤本美貴氏によるチャンネル「ハロー!ミキティ」。藤本美貴氏が夫であるお笑いコンビ品川庄司の庄司智春氏にドッキリをしかける内容で、186万再生だった。

 5位は「HANYU YUZURU」がチャンネルの方針を話した「2 チャンネルのこと。」と題した動画で、140万再生だった。自身のスケートに触れてほしいとの思いでチャンネルを開設した旨や、試合の時の表記であるローマ字を採用しながらも、少しでも日本人らしさを出したいとの考えからチャンネル名を「HANYU YUZURU」としたという経緯などを話した。

 6〜10位には「ジャにのちゃんねる」「仲里依紗です。」「Ado」「辻ちゃんネル」「なにわ男子」がランクインした。