日本マクドナルドは8月18日、専任バリスタが本格カフェコーヒーを提供するコーナー「McCafe by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)」併設店舗で、「マカロン ほうじ茶」「ほうじ茶フラッペ」を秋の期間限定商品として発売すると発表した。ほうじ茶フラッペは2020年に発売し好評だった商品。高品質かつお得感あるカフェメニューとして訴求する。

 McCafe by Baristaのマカロンシリーズは、レギュラーフレーバー3種と、期間限定フレーバーを提供している。また、デザート感覚で楽しめるフラッペやスムージーなどのデザートドリンクも好評だといい、21年6月には、お茶スイーツのフラッペとして「宇治抹茶フラッペ」がレギュラーメニューとなった。

 新作の「マカロン ほうじ茶」は、今年の期間限定フレーバー第5弾。食感と香りを楽しめるマカロン生地に香ばしいロースト感が特徴のほうじ茶クリームをサンドした、日本オリジナルの商品。

 よりお手軽にさまざまなフレーバーを楽しめる「マカロン6個ボックスセット」(900円)と「マカロン2個&カフェラテセット」(580円)も用意した。

 「ほうじ茶フラッペ」は、国産100%の茶葉を使用したほうじ茶パウダーと牛乳を混ぜ合わせたほうじ茶ミルクに、ホイップクリームとほうじ茶パウダーをトッピングした。

 価格はマカロン ほうじ茶が170円、ほうじ茶フラッペ(Mサイズ)は490円とした。いずれの商品も8月24日よりMcCafe by Barista限定で販売する。