クルマの買取サービスなどを運営するカレント自動車(横浜市)は、旧車に興味のある男女を対象に「最新のMT車に関するアンケート」を実施した。乗ってみたい最新のMT車の車種を聞いたところ、1位は「日産 フェアレディZ」(69人)だった(複数回答可)。

 2位は「トヨタ GRスープラ」(55人)、以下「マツダ ロードスター」(51人)、「トヨタ GRヤリス」「ホンダ シビック TypeR」(ともに42人)、「トヨタ GR86」(41人)だった。このほか、「ポルシェ718スパイダー」「ポルシェ911」「軽4輪トラック」などの声もあった。

●最新のMT車に乗ってみたいと思う?

 最新のMT車に乗ってみたいと思うかの問いに、「はい」(77.0%)と答えたのは7割を超えた。 最新のMT車に「乗ってみたい」と答えた人に、その理由を聞いたところ「運転していて楽しそうだから」(60.4%)がトップ。次いで「新しいMT車に乗ってみたいから」(25.3%)、「故障が少ないから」(4.8%)と続いた。

 一方、「乗りたいと思わない」と答えた人にも、その理由を尋ねたところ「興味がないから」(28.3%)がトップ。次いで「旧い車が好きだから」(25.6%)、「MT車に乗りたいと思わないから」(20.5%)という結果に。旧車一筋と考える人が多い一方で、旧車好きだからといってMTに興味があるとは限らない人もいることが分かった。

 このほか、「年齢により安全な運転、ハンドル操作に集中したいから」「長く乗れなさそう」などの意見もあった。

 インターネットを使った調査で、旧車に興味のある男女187人が回答した。調査期間は9月15〜25日。