求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、職場に結婚報告をした経験がある502人を対象に調査を実施した。職場への結婚報告で悩んだことの1位は「報告するタイミング」(162人)だった。

 回答者からは「プロポーズされてすぐ報告するのか、入籍の直前まで報告しないのか悩んだ」(25歳 女性)、「業務のことではないので、忙しくなく気を遣わせないタイミングで報告するのが難しかった」(28歳 女性)などの意見が挙がった。

 2位「誰から報告するか」(69人)、3位「相手の反応が不安」(59人)、4位「誰まで報告するか」(49人)と続いた。

 2位の「誰から報告するか」と回答した人からは、「誰から報告すればいいかで悩んだ。当時平社員だったので、一番身近な係長から報告するか、一番上の部長から報告するかで悩んだ」(35歳 男性)などの意見が聞かれた。「上司と同僚のどちらに先に伝えるか」「上司の中でも、どういう順番で伝えるか」に関して悩んでいる人が多かった。

●結婚報告のタイミング

 結婚を上司に報告したのは入籍のどれくらい前だったか聞くと、「約1カ月前」(33.8%)が最多だった。「約3カ月前」(21.0%)、3位「約半年前」(14.0%)と続いた。

 結婚報告のタイミングを聞いたところ、1位「終業後」(24.1%)、2位「就業中」(23.3%)、3位「休憩中」(19.1%)、4位「始業前」(12.4%)という結果になった。「終業後」「始業前」「休憩中」など、執務時間外に報告した人が多かった。

 調査は9月1〜7日、職場に結婚報告をした経験がある人を対象にインターネットで実施した。有効回答数は502人。