良品計画は9月30日、500円以下の日用品や消耗品を中心に集めた新業態の店舗として「無印良品 500 アトレヴィ三鷹」(東京都三鷹市)をオープンした。同店舗で販売する約3000アイテムのうち、約7割が500円以下の日用品・消耗品となる。

 取り扱う具体的な商品は、洗剤や掃除用品、キッチン用品、トイレットペーパーなどの紙類、洗面用品、スキンケア用品、シャンプーやコンディショナー、下着やくつ下、文房具、食品や菓子。スキンケア用品やシャンプーなどは、販売価格が500円以上の商品も販売する。

 また、通常の無印良品と比べて売り場面積をコンパクトに設計。駅ナカや駅チカ、街中など、日常的に来店しやすい生活圏に出店する計画だ。

 同社は、来春以降さらに、500円以下の日用品のラインアップの拡大を図り、23年春夏シーズンは約100アイテムの新商品を販売する予定だ。「無印良品 500」については、まずは同年2月末までに都心部を中心に30店舗、その後年間20店舗のペースで出店を計画している。