スーパーマーケット「オーケーストア」を運営するオーケーは10月6日、関西エリアでの出店用地として大阪府東大阪市の土地を落札したと発表した。今後、同市との契約後、11月中旬をめどに引き渡しを受ける。2023年度中(24年前半)年の出店を目指すという。オーケーストアは10月現在、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に137店舗を展開している。同地に出店となれば、関西エリアでの初店舗となる。

 同社は21年9月に、関西の老舗食品スーパー「関西スーパー」を運営する関西スーパーマーケットの買収を表明。関西スーパーは同年8月に、阪急百貨店や阪神百貨店などを傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとの経営統合を発表しており、オーケーとH2Oリテイリングの間で“争奪戦”の様相を呈した。両社の争いは法廷闘争にもつれこんだが、最終的には同年12月に最高裁の司法判断により、H2Oリテイリングが“勝者”となった。

 人口が減少していく中、都市型スーパーを運営するオーケーにとって、同じ都市型スーパーである関西スーパーは商圏を広げる上で格好の買収対象だったが、H2Oとの争奪戦に敗れた結果、自前での出店でエリアを広げていく形にシフトしたとみられる。

 オーケーの発表によると、今回落札した土地に出店する店舗は関西エリアでの旗艦店としての立ち位置を予定しており、軌道に乗れば関西エリアでの出店が進んでいきそうだ。