リクルートは発行するクーポンマガジン「HOT PEPPER」で「2022年の流行グルメに関するアンケート」を実施した。22年に流行ったと思うグルメを尋ねたところ、1位は2年連続で「マリトッツォ」となった。

 2位は「カヌレ」、3位には「オート ミール」が続いた。コロナ禍における健康意識の高まりにより、3位「オートミール」、4位「乳酸菌飲料」、5位「プロテイン」、10位「バナナジュース」など、「低糖質・高タンパク質」「体の調子を整える」をうたうものが上位に多くランクインした。

 同社は22年流行グルメのキーワードは「健康」と「チートデイ」の2つだと指摘。チートデイは「好きなものを自由に食べる日」を意味する。

 結果からは、健康に気を遣っている人が多い傾向があるものの、カロリーが高いグルメが上位に入るといった健康意識の反動も見られた。

 「チートデイ」については「知っている」と回答した割合が62.1%、「実践している」と回答した割合が22.6%という結果となった。また「実践したことがない」との回答者の中でも「チートデイを食べたいものを食べるときの自分への言い訳にしている」と答えた人が9.5%いることが分かった。

 また、コロナ禍での食生活の意識変化で1位となったのは「より節約したくなった」(28.0%)だった。2位の「健康に気を遣うようになった」は26.6%、3位「娯楽が減ったので食べ物でちょこっと贅沢(ぜいたく)をしたくなった」が25.4%となった。

 調査は全国の20〜30代の男女2075人(男性1038人、女性1037人)を対象に9月30日〜10月1日にインターネットで実施した。