「なるべく早く」を省略した「なるはや」は、どのくらいの時間を指すのだろうか――。シチズン時計は働くZ世代を対象に「時間感覚についてアンケート」を実施した。調査の結果、最多回答は「10分」(24.0%)で、「5分」(21.5%)、「30分」(20.0%)の順に続いた。

 5〜30分と幅があり、人によって時間の感覚が異なる言葉といえる。平均値は32分で、目安は30分以内というところだが、ビジネス上で使うときには注意が必要だろう。

 では、電話の「ちょっとお待ちください」の「ちょっと」とは、どれくらいの時間を指すのだろうか。最多回答は「30秒」(28.8%)で、「1分」(27.3%)、「20秒」(12.5%)と続いた。

 30秒までは過半数(53.1%)、1分までは8割強(86.9%)となり、待たせても30秒〜1分以内といったところがZ世代の一般的な感覚だと分かった。逆に言えば、電話の相手を1分以上待たせると「待たされている」と感じる人が多いということになる。

●「折り返しお電話します」は何分以内?

 ビジネスにおける電話の折り返しでは、「10分後」(25.5%)、「5分後」(21.8%)にかけるという回答が多かった。一方、30分〜1時間以内というスロー感覚の人も3人に1人程度いた。

 では、「さくっと終わらせます」の「さくっと」はどれくらいの時間を指すのだろう。結果は「5分」(32.3%)、「10分」(25.0%)、「30分」(17.3%)の順だった。10分以内は6割近く(57.3%)、30分以内は8割超(84.4%)に達した。

 調査は11月1〜2日、全国の18〜26歳(Z世代)の給与所得者400人を対象にインターネットで実施した。