メディア分析を手掛けるニホンモニター(東京都港区)は、1月から11月のCM出稿状況を基にした「2022タレントCM起用社数ランキング」を発表した。総合1位は、17社のCMに起用された芦田愛菜さんだった。

 芦田愛菜さんは天才子役として世間の注目を集めてきた。21年には15社のCMに起用され2位となり、今年は単独首位を獲得した。新型車スズキの「スペーシア」やサントリー緑茶「伊右衛門」の他、俳優の木村拓哉さんとの共演が話題となったリクルート「タウンワーク」などのCMに出演している。

 2位は16社の川口春奈さんと本田翼さんが、4位には15社でランキング常連の今田美桜さんがランクインした。以降は、小池栄子さん、指原莉乃さん、広瀬アリスさんと多方面で活躍する顔ぶれがそろっている。一方、男性の首位は10社の神木隆之介さんだった。

●今年躍進したタレント

 今年躍進したのは、小池栄子さん、黒島結菜さん、仲野太賀さん、福本莉子さん、杉野遥亮さん、鈴鹿央士さんなどの俳優陣だ。中でも7歳で8社のCMに起用された小野井奈々さんには注目が集まっている。アマゾンウェブサービスジャパンで、大人ぶってぬいぐるみに話しかける愛らしい姿が話題となった。

 調査は、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区民放5局地上波オンエア分)で、各タレントの契約期間ではなく、「出演したCMが実際に放送されたかどうか」で起用社数をカウントした。期間は、1月1日〜11月20日。