JR東日本クロスステーション リテールカンパニーが運営する「NewDays」は、ボリュームや見た目にこだわった「スゴおに」から期間限定商品を3品発売する。インパクトのある見た目とボリュームで話題性を喚起し、売り上げ増を見込む。12月6〜26日の期間限定で扱う。

 「中華弁当にぎりました」(330円)は、片手で楽しむ町中華をイメージした。ギョーザ・焼売・チリ風味ソース唐揚げ・かに玉風中華オムレツ・中華あん・焼きそばを、チャーハン風ご飯で包んだ。ごろっとした具材で満足感があり、筍が入った中華あんのシャキシャキ食感でアクセントを付けた。

 「チュモッパ風おにぎり(タッカルビ&チーズソース入り)」(280円)は、韓国料理のサイドメニュー「チュモッパ」をイメージした。韓国海苔やたくあんを混ぜ込んだチュモッパ風ご飯でチーズタッカルビ風チキンとたくあんを包んだ。

 「蕎麦屋のそば風おにぎり」(330円)は、そばつゆのうまみがきいたご飯(青のり・揚げ玉入り)に、大判かき揚げと甘みのあるいなり揚げ、七味唐辛子をトッピングした。駅のそば屋の具材(そばつゆ・かき揚げ・いなり揚げ)を使用して本格的な味わいに仕上げた。

 スゴおにはボリュームや見た目にこだわった、「おにスゴい!」と驚くようなNewDaysのおにぎりシリーズだ。2021年6月から販売を開始し、1年間で累計約137万個・約4億3000万円を売り上げた(22年5月末時点)という。