ベネッセコーポレーション(岡山市)は提供する「進研ゼミ小学講座」にて、「2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査」を実施した。小学生の流行語ランキング1位には「それってあなたの感想ですよね?」(415票)が選ばれた。

●「それってあなたの感想ですよね?」

 小学生の間ではひろゆきさんの真似をしながら言い合うことがブームとなっており、「友達が言い訳をしてきた時」「好きな動画チャンネルでアンチコメントを見た時」「先生や友達に『テストの点数が悪いな』と言われた時」などに使うといったコメントがあった。

 2位は共感を示す相槌「それな」(395票)、3位には90年代にギャルの間で流行した「ギャルピース」(370票)がランクインしていた。

●小学生の多くは「友達」に憧れている

 「憧れの人」を聞くと1位は「友達」、2位は「お母さん」、3位は「アーニャ」(アニメ「SPY×FAMILY」の登場人物)となった。

 1位の「友達」(290票)に憧れる理由には「勉強やスポーツが得意なところ」、2位の「お母さん」(236票)には「優しさ」「毎日がんばっている様子」、3位の「アーニャ」(210票)には「人の心が読めるところ」「かわいさ」といった回答が寄せられた。

 なお今年のランキングでは20年には5位、 21年には9位だった「お父さん」はトップ10圏外となっていた。

●「なりたい職業ランキング」 3年連続首位は「ユーチューバー」

 次いで「将来やってみたい仕事は何か」と尋ねたところ、1位は3年連続で「ユーチューバー」(1374票)だった。続く2位は「漫画家・イラストレーター・アニメーター」(1167票)、3位は「芸能人」(924票)という結果になった。

 上位には1位のユーチューバーをはじめとした、エンタメ関連の仕事が多くランクインしていた。またトップ10のうち、6つをクリエイティブ系の職業が占めていた。

●小学生の間では「推し活」「ゲーム」がブーム

 最後に「2022年に小学生が夢中になったもの」として、「〇〇しか勝たん!あなたにとって○○は何ですか」と尋ねた。1位は「スプラトゥ―ン」(604票)、2位は「すとぷり」(318票)、3位は「なにわ男子」(313票)だった。

 調査は11月11〜24日、「進研ゼミ小学講座」の小学3〜6年生の会員を対象に実施。回答者数は1万3816人(女子9238人、男子3691人、性別無回答887人)。