リゾートホテルなどを運営する星野リゾート(東京都中央区)が、あと払いサービスの「ペイディ」を導入すると、提供元企業のPaidy(東京都港区)が発表した。2月1日から星野リゾート公式サイトで開始する。「翌月あと払い」、分割手数料無料の「3回あと払い」、「6回あと払い」を選択できる。旅行意欲が高まる中、新たな顧客開拓につなげる。

 ペイディは携帯電話番号とメールアドレスのみで決済が完了し、利用した金額はまとめてあと払いできるデジタル決済サービス。

 利用方法は、ペイディのアプリで本人確認を行い、星野リゾート公式サイト内の予約ページの「お支払い」欄で「あと払い(ペイディ)」を選択。支払い方法を「翌月あと払い」「3回あと払い」「6回あと払い」から選ぶ。

 なお、「翌月あと払い」を選び予約を完了したあと、追ってペイディアプリ上で分割払いに変更することも可能。予約確定の翌月10日までにコンビニ払い、銀行振込、口座振替で支払う。分割の場合は翌月から3回または6回の請求となる。

 「急な休みを利用しての一人旅など、もともと予定していなかった出費のシーン」に対応できると同社は説明する。