忘年会で払っても良いと考える金額はいくらか。ぐるなび(東京都千代田区)が調査した結果、職場やプライベートを問わず「4500〜5000円未満」と考えている人が最多であることが分かった。

 職場など仕事関係の忘年会で「4500〜5000円未満」と回答した人は24.4%。以下は「3500〜4000円未満」(13.2%)、「5000〜6000円未満」「3000〜3500円未満」(ともに13.0%)が続いた。プライベートの忘年会では、20.5%が「4500〜5000円未満」と回答。「5000〜6000円未満」(16.0%)、「3000〜3500円未満」(14.8%)が続いた。

 今年の忘年会に参加する意向がある人は、職場など仕事関係で55.9%だった。「参加する」に27.6%、「開催されれば参加する」に28.3%が回答した。プライベートでは「参加する」(26.1%)と「開催されれば参加する」(32.0%)を合わせ、58.2%が参加意向を持っている。

 忘年会の規模では、仕事関係のものに関して「11〜20人」と回答した人が最も多く、31.0%。プライベートでは「4人以下」(44.6%)と回答した人が多く、より小規模での開催が多いようだ。

●人気は公私問わず「コース・飲み放題」

 忘年会の注文形式では、仕事・プライベートを問わず「コースメニュー・飲み放題付き」が最も人気だった。仕事関係の忘年会では64.1%が、プライベートの忘年会では45.6%が回答した。

 二次会の意向では、仕事とプライベートで結果が分かれた。仕事関係の忘年会では「一次会まで」が多数派で、52.9%が回答した。「二次会まで」と答えた人は、41.2%だった。一方、プライベートの忘年会では「二次会まで」が53.5%で過半数。「一次会まで」は32.7%だった。

 11月2〜4日にインターネットで調査した。対象は全国に居住する、20〜60代のぐるなび会員1000人。