日本で社長を最も輩出している大学はどこなのか。東京商工リサーチが2023年版の調査結果を発表し、1位は「日本大学」だった。日本大学を卒業した全国の社長人数は2万248人で、13年連続のトップとなった。一方、上場企業の社長が最も多く卒業した大学は「慶應義塾大学」で、同大学を卒業した社長は289人だった。

 13年連続でトップの座を守った日本大学は、2位以下を大きく引き離した。2位は9年連続で慶應義塾大学となり、人数は1万617人。3位は「早稲田大学」で1万420人だった。卒業した社長の人数が1万人を超えたのは、この3校のみという結果に。近畿地方からは8位に「近畿大学」(5767人)、9位に「同志社大学」(4945人)などがランクインした。

 地方上場を含む上場企業のランキングでは、慶應義塾大学が289人でトップとなった。以下は早稲田大学(230人)と「東京大学」(213人)が続き、上位3校で卒業した社長が200人を超えた。4位以下は日本大学(105人)と「京都大学」(102人)が続いた。

 医科歯科大学を除いた、業績が好調な会社の社長出身大学を見ると、増収企業・増益企業・増収増益企業で「一橋大学」がトップを独占した。同大学の前身はビジネススクールである「商法講習所」を源流とした東京商科大学であり、多くの著名財界人を輩出している。東京商工リサーチは「建学以来の教育理念が実を結び、コロナ禍を経てもなお堅実な企業業績を実現した」と分析する。

 都道府県別では、日本大学が16都県でトップを占めた。一方で前年より2県減少しており、香川県と高知県で地元国立大学にトップの座を譲った。東日本では、日本大学が前年の調査結果と変わらず15都県でトップに。宮城県と愛知県を除く、19都道県でトップ3に入った。

 西日本では、日本大学出身の社長がトップを占めたのは宮崎県のみだったが、16県でトップ3以内にランクイン。東京商工リサーチは「同大は卒業生が約125万人と他大を圧倒し、全国24校の付属高校から進学した経営者の子女が事業承継するパターンも多い」とコメントした。

 東京商工リサーチの企業データベースにある約400万社から、代表者のデータを基に出身大学を抽出・集計した。同一人物が複数社で社長を務める場合は、売上高の上位1社を集計対象としている。また、出身大学が校名変更・統合した場合は、存続している大学名で集計した。