三省堂(東京都千代田区)は11月30日、「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2023』」の選考結果を発表した。

 新語の選定にあたって一般公募を実施し、応募総数は延べ2207通となった。これらの投稿などをもとに、辞書を編む専門家である選考委員が審査し「今年の新語2023」ベスト10を選定した。

 大賞に選ばれたのは、7月に全世界の平均気温が観測史上最も高温になるという予測から、アントニオ・グテーレス国連事務総長が発した「地球沸騰化」だった。地球温暖化対策は人類の喫緊の課題として取り組まれているが、気温上昇の抑止は思うように進んでおらず、このままでは破滅に至るという危機感と、さらにいっそうの取り組みをうながそうとする言葉が選ばれた。

 2位は生成AIが生み出す、まるで幻覚であるかのような事実とは異なる情報のことを表す「ハルシネーション」となった。投稿数の多かった「生成AI」「Chat(チャット)GPT」はすでに収録されているためランキングには入らなかったが、生成AIのデメリットのひとつである「ハルシネーション」が新語として挙げられた。

 3位には「かわちい」がランクイン。SNSなどで急に使用されるようになり、感情を主観的に表す語が多く含まれる「しい」のつく形容詞に寄った形で(「うれちい」「おいちい」)、より感情を強めた表現として使われるようになっているとも考えられる。

 4位以降は「性加害」「性被害」「○○ウォッシュ」「アクスタ」「トーンポリシング」などがランクインした。