2024年2月2日に創業100周年を迎えたタカラトミーは、感謝の意を込めて、記念商品を4月から順次発売すると発表した。同日、100周年記念サイトもオープンしている。

 記念商品は子どもから大人まで幅広い世代に向けて、「トミカ」「プラレール」「リカちゃん」「ZOIDS(ゾイド)」「トランスフォーマー」「黒ひげ危機一発」のほか、デジタルカードゲームアプリ「DUEL MASTERS PLAY’S(デュエル・マスターズ プレイス)」など、同社の人気シリーズから9種類の新商品を企画した。

 プラレールからは、「100のレイアウトがつくれる!ドリームレールキット」が登場。80パーツ以上のレールや情景部品、レールの組み方を紹介するレイアウトブックのセットで、これまでつくれなかったレイアウトや緩やかな走行を実現する新型の「S字レール」も付属する。希望小売価格は1万1000円。発売は4月下旬を予定している。

 1975年に誕生したロングセラーパーティーゲーム「黒ひげ危機一発」からは、金色の「決定剣」の数を増量した「黒ひげ危機一発 金の決定剣増量ver.」を発売。「次のごはんのリクエスト」「見たいテレビ番組」「次の休みに遊びに行く場所」などの”決定権”を争奪する遊びが楽しめるようにした。希望小売価格は2420円で、2月末から同社公式サイトで予約受付を開始。4月下旬に発売を予定している。

 トミカからは、100周年ロゴを車体にデザインしたダイキャスト製ミニカーセット「タカラトミー100周年記念 トミカセット」と、1953年に発売したブリキ製レースカーをダイキャスト製(鋳造技術のこと)にした「チャンピオンレーサートミカ」を発売。

 ミニカーセットはトヨタ スープラ(MA70)、日産 NISSAN GT-R、ホンダ NSX-R、ランボルギーニ カウンタック LP400の4車種と、ミニカーを置くための台座が入ったスペシャルセットで、希望小売価格は5500円。

 チャンピオンレーサートミカは当時のデザインを再現したタイプ、100周年ロゴをデザインしたタイプの2車種をラインアップ予定で、希望小売価格は各1320円。

 各商品ともに5月末より同社公式ショッピングサイトで予約受付を開始し、7月中旬の発売を予定している。

 そのほか、100周年記念リカちゃん「レトロリカ ミカン色のくちびる」(4400円)を7月下旬に、リカちゃんの100種類以上のコーディネートが楽しめるドレスや小物が入った「100th アニバーサリー コーディネート100」(2万9700円)を受注生産で発売。

 恐竜型ゾイドからは1999年の発売以来25年ぶりの初リメイク商品となる「AZ-07 デスザウラー」(価格未定)を24年秋に、トランスフォーマーからは初代アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の変形シーンを再現できる「カラクリ・スタチュー KS-01 コンボイ」(価格未定)を25年春に発売予定。デジタルカードゲームアプリ「DUEL MASTERS PLAY‘S」には、24年中にタカラトミーキャラクターとのコラボレーションカードが登場予定としている。