エンジニアは、自分のキャリアについてどう考えているのか。キャリアデザインセンター(東京都港区)が現役エンジニアを対象に実施した調査結果を発表し、今後3年以内に達成したい目標の1位は「技術スキルの深化」(40.6%)だった。2位は「リーダーシップやマネジメントのスキル習得」(22.3%)、3位は「新しい技術領域や分野を学びたい」(20.9%)が続いた。

 今後もエンジニアとして働き続けたいかどうかは、技術派とマネジメント派で回答結果に差があった。技術派では「はい」が71.0%と多数を占めた一方、マネジメント派では「いいえ」と「分からない」が合わせて50.0%と過半数を占めた。

 キャリアパスを描く際に感じる障壁や課題では、技術派とマネジメント派のいずれも「最新の技術トレンドを常にキャッチアップする難しさ」と「専門的なスキルや経験を獲得する機会の不足」が1位、2位を占めた。

 調査は、現役エンジニア350人を対象にインターネットで実施した。期間は、2023年12月8〜10日。