2023年10月に開始したインボイス制度。フリーランスで課税事業者登録をしている割合はどの程度か。アン・コンサルティング(東京都渋谷区)が調査結果を発表し、45.9%が登録していないことが分かった。

 フリーランスのうち、インボイス制度を「内容まで知っており理解している」は57.0%だった。「聞いたことはあるが説明できない」(39.7%)と合わせ、認知度は9割超に達している。

 課税事業者登録の状況では「登録した」と「これから登録予定」を合わせて31.7%にとどまった。課税事業者の登録をした(する予定の)理由では「取引先に依頼されたため」(41.3%)が最多。「個人事業主として自身の収支を把握しておきたいため」(34.8%)、「年収に影響するため」(14.1%)が続いた。

 課税事業者の登録をしていない理由では「メリットが感じられないため」(60.2%)が2位以下を大きく引き離した。以下「よく分からないため」(30.1%)、「業務負担が増えるため」(24.1%)が続いた。

 課税事業者登録をしたことによる業務や取引への影響では「影響はなかった」(52.5%)が半数以上を占めた。また、良い影響があった人(2.5%)よりも、悪い影響があった人(16.3%)の方が多かった。「仕事が減った」「事務処理の時間が大きく増えた」といった声があった。

 フリーランス300人を対象にインターネットで調査した。期間は、1月10〜11日。