森ビル(東京都港区)は、運営する「麻布台ヒルズ」にフードマーケット「麻布台ヒルズ マーケット」を3月13日にオープンすると発表した。

 麻布台ヒルズは、2023年11月24日に開業。「Green & Wellness」を軸に、「Modern Urban Village 〜緑に包まれ、人と人をつなぐ『広場』のような街〜」をコンセプトとして、人々が自然と調和しながら、心身ともに健康で豊かに生きることを目指す街として誕生した。

 麻布台ヒルズ マーケットは「日本の食文化を守り、さらに発展させていきたい」との思いのもと、約4000平方メートルの空間に、専門店34店舗が集積。青果、精肉、鮮魚の生鮮三品、半調理品、総菜、酒類、パンやスイーツ、生花などを幅広く提供する。加えて、希少な食材や国内外の四季折々の食材、加工品、作り置き品または出来立て品なども取りそろえた。

 全34店舗のうち、25店舗の商品のほとんどは集中レジでワンストップで購入できるようにした。

 また、開業後のマーケットを育む仕組みとして、店舗とともに「麻布台ヒルズ マーケットラボ」の活動を推進する。

 出店する専門店同士のコラボレーションを創出するとともに、麻布台ヒルズ内外の店舗やレストランのシェフ、学校、企業、施設、地域、さまざまなプロジェクトなどとも協働し、食を軸にしたラボ活動を展開。マーケット内に設けた食堂スペースやポップアップスペース、菜園や中央広場なども活用し、食育やワークショップなど体験できる場を作っていく。

 麻布台ヒルズ マーケットの開業について、森ビルは「運営を通して、出店専門店や地域の方々とともに豊かでウェルネスな暮らしのあり方を提案していく」とコメントしている。