米Googleは5月6日(現地時間)、Androidアプリの公式アプリストア「Google Playストア」を安全で信頼できる場として保つため、アプリページに新たに「safety section」(安全セクション)を開設する計画を発表した。ここではアプリがどんなデータを収集あるいは共有するか、そのデータをどのように保護するのかなどを明示する。つまり、米AppleがApp Storeで提供している「Appのプライバシー」のようなコーナーになるようだ。

 Google Playストアでは現在も、アプリのページの「このアプリについて」→「アプリの権限」の「詳細」でアクセス権限は表示されているが、ここまで掘り下げて確認するユーザーは少なそうだ。

 safety sectionには、収集および保存するデータの種類(位置情報、連絡先、名前やメールアドレスなどの個人情報、写真と動画、音声、ファイルなど)と集めたデータの使用方法(広告やアプリのパーソナライズなど)を明示する。

 Googleはこのセクション開設のため、開発者ポリシーを更新する。開発者がポリシーに違反した場合は、修正を求める。

 開発者に十分な準備期間を提供するため、対応の締め切りは2022年第2四半期(4〜6月)とする。