NTTドコモは6月18日、ソニー製5Gスマートフォン「Xperia 10 III SO-52B」を発売する。ドコモオンラインショップに置ける販売価格は5万1480円(税込み、以下同)で、契約種別によっては割引も適用される。

 SO-52Bは5G通信サービスに対応し、4500mAhの大容量バッテリーを搭載。充電設定によってバッテリー自体の寿命を長くすることもできる。

 ディスプレイはアスペクト比21:9のHDR対応有機ELディスプレイで、Androidの「マルチウインドウ」をより便利に利用できる。使用中のアプリ画面の上にもう1つのアプリを重ねて表示する「ポップアップウインドウ」機能も搭載している。

 超広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズのトリプル構成のメインカメラは、子供やペットを撮影しやすい「プレミアムおまかせオート」に対応。音楽をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE Ultimate」や防水、指紋認証などもサポートする。

 プロセッサは「Snapdragon 690」、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備える。ボディーサイズは約68(幅)×154(高さ)×8.3(奥行き)mm、重量は約169gとなる。

 ボディーカラーはブルー、ホワイト、ブラック、ピンクの他、オンラインショップ限定カラーのイエローも用意する。イエローは機種代金の1%相当が日本赤十字社の活動資金として寄付される。

 オンラインショップにおける事前購入受付は6月15日10時から行う。MNP契約の場合、「5G WELCOME割」で2万2000円割引となり、支払総額は2万9480円となる。