NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、ソニーのスマートフォン「Xperia 1 III」の発売時期を「7月以降」に変更している。当初、Xperia 1 IIIの発売時期は3キャリアとも「6月中旬以降」と案内していたが、やや後ろに倒れた形となる(7月も“6月中旬以降”ではあるが)。

 Xperia 1 IIIは5G対応のフラグシップスマートフォン。6.5型の4K有機ELを搭載しており、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GB。カメラは約1220万画素の広角、超広角、望遠のレンズに加えてiToFセンサーを備えており、望遠レンズは焦点距離を70mmと105mmに切り替えられる可変式となっている。5Gはミリ波にも対応している。

 auとソフトバンクはフロストブラックとフロストパープルを、ドコモは上記2色に加えてフロストグレイも扱う。

 ドコモはオンラインショップでの価格を15万4440円(税込み)と告知している。