NTTドコモ、読売巨人軍、読売新聞は、10月23日に東京ドームで行う巨人対東京ヤクルトスワローズ戦で「8Kカメラ×AI自動編集×マルチアングル映像体験」の技術実証を行う。

 本技術実証では京ドーム内に8Kカメラを複数台設置し、自動で撮影した映像をAIが即時に編集。対象座席(2階席特典付FC席)では手持ちのスマートフォン/タブレットを利用し、1、3塁両方からの投手や打者の様子など、通常見ることができない角度のマルチアングル映像を楽しめるという。

 映像配信にはNTTコミュニケーションズが提供するライブ配信プラットフォームサービス「Smart vLive」を活用。本配信は5Gにも対応する。