米Appleは5月16日(現地時間)、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」「macOS Monterey 12.4」「watchOS 8.6」などをリリースした。約30件ものセキュリティ修正が行われた。

 本稿ではiOSおよびiPadOSについて紹介する。

 日本の一般ユーザーに関係のある機能のアップデートは、「Apple Podcast」に、iPhoneあるいはiPadに保存するエピソードの数を制限して、古いエピソードを自動的に削除する新しい設定を追加したというもの。また、「ホーム」のメンバーが到着したり出発したときにホームオートメーションが作動しない場合がある問題が修正された。

 日本では提供していない「ウォレット」の1機能「Apple Cash」に関するアップデートもあり、Apple Cashのカードから直接送金できるようになった。

 セキュリティ関連では、34件の脆弱性に対処した。Appleは危険度を明示しないが、今回は「悪用された可能性がある」脆弱性はない。