iPhoneの「メール」アプリではGmailやOutlookなど、iCloud以外にもさまざまなメールアカウントを統合して管理できる。今回はメールアプリでだけ表示される「フラグ」の立て方を紹介しよう。

 フラグは「旗」を意味する通り、受信したメールに立てる目印だ。操作は簡単で、受信したメールを左にスワイプして「フラグ」をタップするだけ。簡単に目印を付けられ、メールボックス内の「フラグ付き」で確認できる。

 「フラグ付き」で確認できるメールは「Gmail」アプリのの「スター」や「Outlook」の「フラグ」のような同等の機能を使ったメールも含んでいる。メールアプリで立てたフラグはオレンジ、別のアプリの場合は赤のフラグが表示されるため、差別化はできている。