リックテレコムは、5月25日〜5月27日に東京ビッグサイトで5G&IoTイベント「ワイヤレスジャパン2022」「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2022」を開催する。入場料は無料で、事前登録制。

 ワイヤレスジャパンは「日本全国400万社のための<5G&IoT>実装宣言」をメインテーマとし、5G/ローカル5G、LPWA、Wi-Fiなどのワイヤレス技術を活用した最新ソリューションが集合。WTPのメインテーマは「6Gへ、日本の最先端ワイヤレス総結集」で、次世代モバイル通信システム「6G(Beyond 5G)」の最新動向を把握できるとしている。

 基調講演には総務省 電波部長の野崎雅稔氏の「デジタル変革時代の電波政策について」をはじめ、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルも参加。ローカル5Gでは講演企画「ローカル5Gサミット in 東京ビッグサイト」も実施し、特別ゾーン「Flexible Factory Project」では工場内ワイヤレスIoT化の最新動向も紹介する。

 6Gでは情報通信研究機構(NICT)、KDDI総合研究所、NTTドコモらが最新の研究成果を披露。東京大学の中尾彰宏教授、京都大学の原田博司教授、東京工業大学の阪口啓教授らも登壇する。