ファーウェイ・ジャパンは6月9日、スマートフォンと組み合わせて利用する体組成計「HUAWEI Scale 3 Pro」を発売する。税込みの想定価格は1万780円となる。

 本製品は足と手の両方に接触し、8つの電極で下肢と上肢を測定するためより正確な全身のデータを取得可能。単一ではなくデュアル周波数の電流測定方法を採用し、細胞外液だけでなく細胞内液の測定も正確にできるようになり体組成測定結果の精度が向上した。

 また「HUAWEI Health」アプリの活用で、22項目の詳細な体組成分析結果を得られる。「HUAWEI TruFit 2.0」の体組成検出アルゴリズムに基づいた生体インピーダンス測定結果やAI技術の活用で、さまざまな体組成指標を測定できる。

 ガラス面には滑りにくいサンドブラスト加工を施し、グリップは埋め込み式のためコードも含めて本体へ収納可能。裏面の脚部は3.6mmと低く設計し、脚部の底には衝撃を吸収するシリコン素材で転倒を防ぐ。

 Wi-FiとBluetoothで接続でき、アプリを開かなくても自動で体重を記録。過去のデータに基づいて家族を自動で識別し、最大で10アカウント/100人まで登録できる。測定後にデータが削除されるゲストモードも搭載する。