米Googleは、9月29日に「Search On‘22」で発表した新たなGoogle検索機能について紹介した。

 Googleレンズを使って撮影した写真やスクリーンショットへ、さらにテキストを加えて検索できる「マルチ検索」を新たに提供。米国では2022年初頭にベータ版として導入し、今後数カ月で日本語を含む70以上の言語に対応する予定だ。

 機械学習技術の進歩により、複雑な画像の中でも翻訳されたテキストを自然な形で表示可能になる。例として外国語の雑誌にカメラを向けると、翻訳されたテキストが背景へ自然に馴染んだ形で表示されるという。機械学習モデルの最適化で複雑な処理も100mm秒で完了し、年内に公開となる予定。

 また、スマートフォンでの洋服、靴、アクセサリーといったファッションアイテムの検索を強化。「カーゴパンツ」と検索すると、さまざまな色やスタイルのパンツが購入可能なサイト、店舗へのリンク、スタイルガイドなどの情報が多くの画像で表示されるようになる。加えて、リアルタイムの検索トレンドを反映したフィルターを導入。ジーンズと検索すれば「ワイドレッグ」や「ブーツカット」といったフィルターが表示されるようになる。