iPhone 14シリーズのトリを飾るのが、新たに加わった6.7型の無印iPhoneこと「iPhone 14 Plus」だ。これまで、6.7型の大画面版iPhoneはProモデルにしかなく、iPhone 12やiPhone 13にはコンパクト版の「mini」が用意されていた。これに対し、AppleはiPhone 14シリーズでminiをラインアップから外している。代わりに用意されたのが、大画面モデルのiPhone 14 Plusだ。

 ノーマル(無印)モデルとProモデルに分かれたiPhone 11以降、大画面はProモデルの専売特許だったが、iPhone 14シリーズでその流れが変わった。Proモデルより機能は抑えめだが、そこまでスペックは求めず、画面さえ大きければ十分と考えるユーザーにはうれしい選択肢といえる。では、初の6.7型無印iPhoneの使い勝手はどうか。発売に先立ち、実機を試用した。そのレビューをお届けしよう。

●大きくても軽い――素材の違いでMaxにはないメリットも

 Plusと名付けられた6.7型のiPhone 14だが、ノーマル版であることに変わりはない。そのため、画面サイズ以外の基本的なスペックは発売済みのiPhone 14と同じだ。処理能力やカメラ性能は変わらない。唯一の違いと言っていいのは、画面サイズと重量だ。6.7型とディスプレイのサイズが大きいため、iPhone 14と比べると表示できるコンテンツの量が増え、画面内の“見晴らし”がよくなる。逆に、文字や画像が小さいと感じた人は、画面の大きさ分だけ、サイズを大きくできるのが魅力だ。

 6.1型のiPhone 14やiPhone 14 Proと比べると、映像を見たときの迫力も増している。その分、若干取り回しはしづらくなるが、ビュワーとしての性能を重視するのであれば、iPhone 14 Plusに軍配が上がる。とはいえ、これは同じ6.7型のiPhone 14 Pro Maxと同じ。サイズ感も同モデルに近い。iPhone 14 Maxとの最大の違いは、その重量だ。Maxと名付けられたiPhoneに慣れていると、とにかく軽く感じる。短い時間でも、手の疲れが少ないと感じられるほどだ。

 数値的に見ても、違いは大きい。iPhone 14 Pro Maxは240gで、スマートフォンの中ではヘビー級と言っていい重さだ。単に本体のサイズが大きいだけでなく、質量の大きなステンレススチールをフレームに採用しているのが、その理由といえる。光沢感が強く硬質なステンレススチールは、高級感を演出するのに一役買っているが、そのトレードオフとして重量が増してしまっているというわけだ。

 これに対し、iPhone 14 Plusは従来の無印iPhoneと同様、フレームにはアルミを採用している。メッキ加工などは施されていないため、ステンレススチールのProモデルと比べるとゴージャスな印象は薄れてしまうが、その分軽いのがメリット。スペック的には203gで、iPhone 14 Pro Maxと比べると37gも軽い。37gと聞くとわずかな数値に思えてしまうかもしれないが、比率に直すと2割弱の違いになる。手に取ったとき、その軽さはすぐに伝わってくる。

 軽さは、さまざまな場面で効いてくる。例えば、長尺の動画を見る場合。6.7型にもなると、映画なども見ることも増えると思うが、iPhone 14 Pro Maxを1時間も2時間も手で支えているのは少々厳しい。ケースをつけると、その差はさらに広がるため、長時間の動画視聴ならiPhone 14 Plusが有利だ。ゲームのプレイや、メッセージを打つ程度の使い方でも、手の疲れ方が違ってくる。これは、大画面でかつ軽いiPhone 14 Plusならではのメリットだ。

 デザイン的には、無印のiPhone 14をそのまま6.7型に拡大したような形状。上記のように、フレームがアルミである点が共通している他、背面の仕上げもガラスの光沢感を残している。すりガラスのような仕上げで、光の当たり方によっては金属にも見えるProモデルとは、この点も異なる。ポップな仕上がりになっていることで、視覚的にも軽く見える。

●Proのような派手さはないが、カメラも着実に進化

 画面以外の機能は、基本的に無印のiPhone 14と同じ。プロセッサをはじめとした処理能力や、カメラのスペックなどに差分はない。あとはiPhone 14発売直前に掲載された記事を参照してほしい――と言いたいところだが、ここで終わってしまうのはレビューとしていささかバランスが悪い。また、同レビューは機能面での進化が大きかったProモデルの比重が高く、無印のiPhone 14にはあまり言及できていなかったため、ここではおさらいもかねてiPhone 14 Plusの各機能を紹介していこう。最初に注目したいのは、カメラだ。

 メインとなる広角カメラのハードウェアは「iPhone 13 Pro」に近く、iPhone 14シリーズからの新機能となる「フォトニックエンジン」にも対応する。超広角と広角、それぞれのカメラで撮った写真は以下の通り。やや逆光気味のシチュエーションでも、HDRが効き、人物と背景をしっかり描写している。とはいえ、明るい場所で撮った際の画質は、端末間の差が出づらい。

 フォトニックエンジンの効果がよく分かるのは、合成処理をRAW画像から行うようになったナイトモードだろう。以下は、部屋を真っ暗にして撮影した写真。参考までに、露出を調整して目で見たときのような部屋の暗さを再現してみた。そことの比較だと、まるで部屋に明かりがついていたかのような仕上がりになる。拡大すると、ディテールがところどころ破綻しているため、合成処理をかけたことは分かるが、真っ暗な部屋で撮れる写真としては十分なクオリティーに仕上がる。

 また、デジタルズームもこれまでのモデルと比べると、大きく改善しているようだ。iPhone 14 Plusには、Proモデルのような3倍ズームは搭載されていないため、最大倍率は5倍に抑えられている。以下はその5倍ズームで撮った写真。肌の表現に若干、デジタル処理を加えたような痕跡は見えるが、服やバッグのストラップなどは、デジタルズームをかけたと思えないほどクッキリと写っている。このレベルであれば、5倍ズームもかなり実用的といえそうだ。

 iOS 16の機能として、ポートレートモードに前ボケが加えられるようになったが、この効果もはっきり出る。iPhone 14シリーズに限った話ではないが、撮影の幅が広がりそうだ。さらに、インカメラもオートフォーカスに対応し、画質が向上した。センサーサイズの違いもあり、アウトカメラほどの自然なボケは出ないが、ピンボケを防げるのはうれしい。センサーのスペックだけを見ると、iPhone 13 Pro相当だが、ソフトウェアやISPの力で、より画質は向上していることがうかがえる。

●画面サイズを生かしたUIを採用、Plusはカジュアルに大画面を楽しめるiPhoneだ

 静止画だけでなく、動画撮影機能もiPhone 14シリーズの特徴だ。4Kに対応した「シネマティックモード」や、走りながらの撮影でもブレを大きく抑える「アクションモード」は、Proモデルだけの機能ではなく、無印のiPhone 14でも利用可能。もちろん、ここにはiPhone 14 Plusが含まれる。以下は、iPhone 14 Plusで撮影した動画だ。シネマティックモードは4Kに解像度が上がったことで精細感が増しており、アクションモードではジンバルに装着したかのようなブレの少ない動画を撮れる。

 特にアクションモードは、撮影時にiPhoneを手で持って動き回ることもあり、軽量なiPhone 14 Plusだと取り回しがしやすい。重量が近いiPhone 14 Proと比べると、画面サイズが6.7型と大きいため、動画撮影時のファインダーとしても見やすかった。無印iPhoneならではの重量感と、Max並みの大画面を両立させたのが、新機能のアクションモードで生きたといえる。

 ディスプレイサイズを生かした機能は、iPhone 14 Plusならではの特徴。同じ6.7型のMaxが名前につくiPhoneと同様、ランドスケープモードにも対応する。本体を横に倒すと、「設定」や「カレンダー」「メール」などが2列表示に切り替わる。メールのUI(ユーザーインタフェース)は少々不完全で2列表示の意味が薄くなっているが(これはiPadでも同じだ)、設定やカレンダーなどは、画面を行ったり来たりすることが減り、iPadに近い感覚で操作できる。大画面を生かした機能が、無印のiPhoneで使えるようになったのはメリットの1つだ。

 表示領域も広がり、同じ標準設定同士で比べると、1画面に収まる情報量は増える。「設定」アプリで無印のiPhone 14やiPhone 14 Proと比較すると、その差は一目瞭然。6.1型のiPhone 14やiPhone 14 Proだと「スクリーンタイム」までしか表示されないが、iPhone 14 Plusはその下の「一般」や「コントロールセンター」といった項目まで見える。iPhone 14 Pro Maxと同じと言ってしまえば身も蓋もないが、これも大画面ならではの利便性だ。

 処理能力はiPhone 14とほぼ同じ。プロセッサにはiPhone 13 ProやPro Maxと同じ、GPUが5コアの「A15 Bionic」が搭載されている。iPhone 14シリーズでは、Proモデル2機種に「A16 Bionic」が採用されているが、CPUやGPUといった基本性能にはそこまで大きな差はない。メモリに関しても、シリーズ共通で6GBのようだ(Geekbench 5の数値を元に推定)。ベンチマークアプリでのスコアは、Proモデル2機種よりやや低い数値になる。

 形状が近いiPhoneが12、13、14と続いたこともあり、無印のiPhone 14は少々インパクトが薄かった感もあるが、画面サイズが違うと受ける印象も変わってくる。重量感からMaxと付いたiPhoneを敬遠していた人も、これならありだと思う可能性はありそうだ。その意味で、iPhone 14 Plusは、大画面をより身近にする端末といえる。円安の影響で値上がりしてしまったものの、価格は13万4800円(税込み、以下同)からとシリーズの中ではiPhone 14に次いで安い。あくまで相対的な話ではあるが、その意味でも手が届きやすいiPhoneといえそうだ。