ソニーは、2023年1月下旬にモバイルモーションキャプチャー「mocopi」を発売。ソニーストアの販売価格は4万9500円(税込み)で、予約販売の受付開始は12月中旬を予定する。

 本製品は重さ8gの小型センサーを頭部、両手首、腰、両足首の6か所に装着し、専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続すればアバター動画とモーションデータの制作が可能。各センサーは付属のマジックテープ式バンドやクリップで固定でき、完全ワイヤレス型のため電源やケーブルなどの制約を受けずに利用できる。

 専用アプリでは装着したセンサーから取得するデータを用いてアバターを操作し、スマートフォン上でアバター動画を制作可能。VRChatなどの対応サービスでは、モーション入力デバイスとしてリアルタイムにアバターを操作することも可能だ。

 12月15日には、取得するモーションデータとメタバース向けサービスや3D開発ソフトウェアを連携するためのSDKを提供予定。センサーから取得するモーションデータをPCでリアルタイムに受信し、UnityやMotionBuilderなどの3D開発ソフトウェア上で即時確認しながらの編集や、ソーシャルプラットフォームのアプリ経由で配信も行える。

 また、本サービスは12月3日〜12月18日に開催されるHIKKY社主催「バーチャルマーケット2022 Winter」へ出展する。