NTTドコモが12月1日、同社が取り扱うMVNOサービス「エコノミーMVNO」に、TOKAIコミュニケーションズを追加したことを発表。TOKAIコミュニケーションズが提供している「LIBMO(リブモ)」を、12月21日からドコモショップで取り扱う。

 エコノミーMVNOは、dアカウントやdポイントを連携でき、ドコモショップで販売できるMVNOサービス。これまでNTTレゾナントの「OCN モバイル ONE」とトーンライフスタイルの「トーンモバイル」が参画しており、TOKAIコミュニケーションズが3社目となる。

 ドコモショップでは、データ500MBとかけ放題をセットにした「ゴーゴープラン」、データ3GBと8GBを選べる「なっとくプラン」を取り扱う。かけ放題オプションとして、「5分かけ放題」「10分かけ放題」「かけ放題マックス」も用意している。かけ放題マックスは1回あたり120分でかけ放題となる。

 さらに、ドコモショップでの加入特典として、5分かけ放題と10分かけ放題の新規契約者を対象に、利用開始から最大12カ月間、それぞれ税別で100円と200円を割り引く「かけほ割」を展開する。これにより、ゴーゴープラン5分かけ放題は月額990円(税込み、以下同)、ゴーゴープラン10分かけ放題は月額1100円で利用できる。

 なっとくプランの月額料金は3GBが891円(税込み)、8GBが月額1518円。これにかけ放題オプションを組み合わせる場合、かけほ割適用後の価格は、5分かけ放題が月額440円、10分かけ放題が月額550円となる。かけ放題マックスは割引対象外なので、月額1430円で変わらない。

 なお、LIBMOでは他に200kbpsでデータ無制限の「なっとくプラン(ライト)」、20GBと30GBのなっとくプランも扱っているが、ドコモショップでは扱わない。

 12月21日からは、LIBMOでdポイントを取り扱う。LIBMOの利用料金に応じてdポイントをためたり(税別100円につき1ポイント)、ためたdポイントを料金の支払いに充当したりできる。

 ドコモショップでは、「AQUOS sense6」「AQUOS wish」「AQUOS sense4 plus」をセットで購入できる。

 取り扱い開始時点では、ユーザーがドコモショップでLIBMOを申し込むと、自宅にSIMカードや別途購入したスマートフォンを後日配送する。今後は準備ができ次第、ドコモショップでLIBMOのSIMカード開通も予定している。