米Appleは12月6日、App Storeの価格テーブルを更新した。日本円では従来160円だった最低価格を50円へ引き下げ、10円刻みの価格設定も可能になった。なお、10円刻みで価格を設定した場合の最高価格は2000円。

 新価格は自動更新に対応したサブスクリプションアプリで同日に対応し、2023年春には有料アプリとアプリ内課金が対応する。

 新たな価格テーブルでは、100円刻みで100〜1万5000円、500円刻みで400〜4万9800円といった価格設定が可能になる。160万円などの高価格帯は、開発者からのリクエストがあった場合のみ設定できるという。

 これらに加え、例えば日本に加えて海外のApp Storeで、現地の通貨でアプリを販売している場合でも、日本との為替や税率の変化に合わせて海外価格を更新する機能も追加した。この機能についてもサブスクリプションアプリで12月6日に追加し、2023年に有料アプリとアプリ内購入へ導入する。

 Appleは10月5日に最低価格を120円から160円へ引き上げていた。

・App Storeの有料アプリが値上げ、10月5日以降は最低価格が120円から160円に改定