米Appleは2月20日(現地時間)、サポートページ(英語版)を更新し、「iPhone 15」では、3月に予定している「iOS 17.4」へのアップデートで、詳細なバッテリーの状態を確認できる機能を追加すると発表した。

 確認するには、[設定]→[一般]→[情報]をタップし、バッテリーセクションを開く。

 また、iPhone 14以前のモデルのバッテリーは理想的な条件下でも500回の完全充電サイクルで元の容量の80%を維持するよう設計されているが、iPhone 15は、その倍の1000回の完全充電サイクルで元の容量の80%を維持するよう設計されているという説明を追加した。

 なお、iPhone 14以前のモデルでは、iPhone 15のようなバッテリーの状態を確認する項目は表示されず、従来通り[設定]→[バッテリー]→[バッテリーの状態と充電]で最大容量を確認できるのみだ。